USCPA☆外資経理OLのブログ

都内某外資系企業で経理をするOLの日記

【スポンサードリンク】

USCPAの難易度はどれくらい?

社会学専攻だった私が、簿記も知らない、経済学も知らない、そんな完全にゼロベースから始めて、1年間働きながら無理なく勉強して合格できる、それくらいの難易度です。

 

【スポンサードリンク】

 

 

前提は、
①英語に抵抗がないこと
②会計の勉強を楽しめること
③信頼できる先生と出会うこと
④勉強したくないときは気持ちを切り替えて楽しく遊べること
⑤結果はどうであれ明確なキャリアパスを描くこと

 

私の経験上の持論ですが、

①英語は、抵抗がない人なら初めは辞書を使いながら勉強するうちに慣れていくことができると思います。専門用語はもちろん覚えていかないといけませんが、長文は読みませんのでそんなに難しいことはないと思います。

 

②興味があって勉強を始めるわけですが、合う合わないがあるので慎重に決めたほうがいいと思います。英文簿記入門コースなど、各専門学校が設けているスターター的なものを試しに受講されてみるのがオススメです。

 

③専門学校の説明会に行ってみたり、デモコースを聴講して、先生との相性を確認することはとても大切です。聞いてて眠くなる授業ほど辛いものはありません。すーっと頭に入る講義が、学習の効果を上げてくれます。

 

④勉強したくないときは、罪悪感を感じることなくめいっぱいリフレッシュに専念するのが鉄則です。丸一日勉強しなかったくらいで、合格が遠くなるなんてことはありません。人間の集中力の持続なんて限られますから、逆らう必要はないのです。

 

⑤夢を描くことは、何かに打ち込む時とても大切なことです。私も、会計という専門領域でグローバルに能力を発揮できる人材になりたいと願って勉強をしていました。勉強を終えて実務経験を積みつつある今もなお、その夢は変わりません。少しずつ自分のペースで前に進み続けています。目指せ、CFO!!

 

 

ちなみにですが、USCPAのキーワードでよくある「独学」で合格する、というは正直、なかなか至難だと思います。資格試験なので、テクニックやコツの習得がある程度必要となります。効率よく短期間でサクっと合格したいのであれば、コスパを考えて専門学校に申し込みすることをお勧めします。