USCPA☆外資経理OLのブログ

都内某外資系企業で経理をするOLの日記

【スポンサードリンク】

USCPAに合格したらTOEIC900を目指す

USCPAに晴れて合格したら、合わせて欲しいのがTOEICのスコアです。USCPAはアメリカの試験なので、合格者向けの転職市場では英語のスキルにももちろん期待が寄せられます。

【スポンサードリンク】

 

 

 

転職後の実務での英語の使用頻度やレベルはのちのちとして、まずは職務経歴書に箔をつける意味で、TOEIC900オーバーは持っていて損はないです。USCPAは、日本の公認会計士試験や税理士試験には資格そのものの価値自体は到底敵いませんから、英語のスキルくらいは見せつけないと逆に不利だったりします。《USCPA+TOEIC900オーバー》で、転職活動前に戦闘能力を上げておきましょう。

 

ちなみに私の感覚からすると、TOEIC830点未満はあまり価値がありません。USCPAを評価して面接をしてくれる人は、だいたいTOEICの点数がどれくらいあれば一般的にどのくらいの英語力を備えているかわかります。というのは、TOEICが900オーバーで英語ができない人はけっこういたりしますが、英語がある程度できる人がTOEIC830を切ることはまずありえません。英語が実際にできるできないはおいておくとして、職務経歴書上だけでも《できる人》になりましょう。


実務レベルでの英語のスキルの習得は、上司が外国人でない限り、転職後にどうにかなります。まずは、転職市場でのUSCPAの価値を最大限に高める意味で、TOEIC900オーバーを目指しましょう。TOEICもテストです。テクニックとコツをおさえれば、実力と比例しなくとも、(要は、実際の英語スキルが伸びてなくても)点数はどんどん伸びます。私の行っていたTOEICテスト対策については、また今度お話しようと思います。