USCPA☆外資経理OLのブログ

都内某外資系企業で経理をするOLの日記

【スポンサードリンク】

TOEIC900オーバー、直前対策はコレ!

会計分野での転職活動時に、自分自身に高付加価値を生み出す一つのアイテムであるTOEICスコアですが、「英語、ビジネスでも使えます」アピールをするなら、最低830点、できれば900点欲しいのが現状です。

 

【スポンサードリンク】

 

 

ビジネスマンなら基本的には、喉から手が出るほど欲しいTOEIC高得点ですが、英語が話せるようになる必要はないので、座学が得意な日本人は高得点を取りやすいテストだと思います。地頭の良さというよりは、やったぶんだけ点に返ってきますので、やるかやらないかです。そして、日本人が点数を稼ぎにくいパートはリスニングとリーディングかと思います。リスニングは何を言っているのか早すぎて聞き取れない、リーディングは時間がなくて終わらない、というのが私の感覚的な意見です。それぞれにコツがあります。ちなみにここで言うコツというのは、800点オーバーまでは取れるようになったけど、なかなか900点台に乗らずに伸び悩んでる人に特に有効です。


まずは、リスニングについて。TOEICのリスニングは各設問一回しか聞くことができませんので、全神経を集中させる必要がありますが、とても会話が短くパターン化しています。似たような問題を解きまくって感覚として体で覚えてしまいましょう。無料の過去問がインターネットにはゴロゴロ落ちています。そして、無料のくせにめちゃくちゃ使えます。リスニングパートだけでもテスト前日に全問こなしてください。2-3問くらいは同じ問題がでたりします。ここでの学習は質より量です。とにかくたくさんの問題を解き捨てていって下さい。無料ツールの例としてはこんなものがあります。

TestDEN Online Courses for TOEFL, TOEIC, and Accent Reduction

TOEIC Practice Questions: Cover

TOEIC(R)ミニ模試|アルク

 

リーディングは、まず先に問題にさらっと目を通します。それから文章に戻ります。ここで注意したいのは、絶対にじっくり読まなでください。頭にすーっと入ってこない文章にあたったとしても、まずはさらっと流し読みしてください。単語の意味だけ部分的に追いかける程度でもいいです。問題になっている箇所に当たったらその部分を少し丁寧に読み、問題に戻ります。リーディングは、文章全体の意味がわからなくても解ける問題が圧倒的に多いです。全体を把握しないと解けない問題は、最悪捨ててもいいですし、時間があれば戻ればいいです。TOEICのリーディングは問題をとにかく全部解ききることに意味があって、解ききることができたテストの点数の出方は、解ききらなかったときよりもはるかに高得点だったのを記憶しています。こちらも、上記に紹介したようなサイトで練習をしておけばカンペキです。

 

ある程度、英語に慣れていて抵抗がない方ならこれくらいで大いに役にたつと思います。不安な方は、Z会の速読英単語を1冊(2ヶ月以内!)読み終えてから上の方法に取り組んでみるといいです。語学習得は、短期間で大量にインプットすることで、一定のところまでは飛躍的に結果が伸びるというのが私の持論です。