USCPA☆外資経理OLのブログ

都内某外資系企業で経理をするOLの日記

【スポンサードリンク】

未経験から正社員で経理に転職《外資系企業編》

先日、未経験でUSCPAを目指し、外資系企業の経理に就職されたいという方からコメントをいただきました。

 

まず、可能性はあるのかという質問。答えはもちろん「可能性あり」です。わたしもUSCPA合格後、未経験で転職活動をしましたし、外資系企業の経理もその選択肢の一つでした。ただ、かなり狭き門なのと、外資系企業に期待する報酬はそれほどでもないです。

f:id:greenapplepie:20160817225310j:plain 

【スポンサードリンク】

 

 

外資は基本、即戦力重視なので、それに見合う年収も高く提示してきます。能力がなければそれに応じて年収を下げられたり、最悪クビなんてこともある世界です。エントリーレベルを雇う外資系企業というのは、予算的な問題が多いと思います。とにかくコストを抑えたいから多少教育に手間がかかっても未経験または経験の浅い人で、ポジションを補おうとするということです。必然的に、提示される年収も低いです。任される仕事も事務的な作業が多いと思います。質の高い仕事よりも単調で量のある仕事を任されます。私が過去に受けた会社で、USCPAをせっかく取っていてもこのポジションじゃ活かされないという理由で落とされたことさえあります。

 

とはいっても、未経験だからしょうがないということで転職できたとしてその先どうなるか。本人の強い意識と根気がないとシニアポジション、マネージャーポジションへの昇格を社内で期待するには難しいです。昇格や年収アップを図りたかったら、再度転職するのが 妥当な考え方となります。しかし、買掛金や売掛金などの部分的な経験を何年か積んでも、なかなか次の会社で新しいことを任せてもらえるポジションに配属させてもらうのも至難です。先ほども言ったように即戦力重視ですから。外資系企業の経理でのジョブローテーションも同じ理由でほとんど期待できません。

 

何を言いたいかと言うと、USCPAをせっかく勉強する、またはして得た網羅的な知識を外資系企業の経理として最大限活かすには、実務レベルでの体系的に培った経験・スキルが評価のポイントになります。私は経理未経験からキャリアスタートに国内の企業を選んでとてもよかっと結果的に今は思っています。前にもお話ししましたが、日本企業は外資系企業と違い、人材を育てる文化があります。私が日本企業の経理で得た経験ついてはまた次回お話させていただきます。